« 万華鏡 | トップページ | Rose Story »

2010年10月30日 (土)

出会い

自宅のそばのお散歩コースには、お気に入りの木や花達がいます。

住宅街なので、よそのおうちの庭木だったり、

公園の花だったりと、特別な木や花ではありません。

見頃の季節になると、自然と足が向くのですが、

1年という、長いような短いような間には、

建売住宅などが建ってしまい、姿を消してしまうことも意外と多く

とても残念な気持ちでいっぱいになります

このもみじは、実家の近くの駐車場の裏で見つけました。

他の大きな木の陰に隠れていて、ほとんど見えなかったので、

偶然見つけた時には、あまりの鮮やかさに、息を呑むほどでした、

そして、今年はその場所に建売住宅が3件建っていました。

姿は消してしまっても、それぞれの季節には、

私の心の中で一番きれいな姿を見せてくれます。

出会えたことに感謝です。

ありがとう。

Img_05671_2

|

« 万華鏡 | トップページ | Rose Story »

コメント

kunchanさん、おはようございます。
この鮮やかなもみじが見られなくなってしまったのは、とても残念ですね。。。どれだけの時間を経て、ここまでになったのかなぁと想像すると、一瞬で人の都合で切られてしまうことは心が痛みます。
私の近所でも、毎年花を咲かせる立派な藤の木が切られて、家が建ちました。ほんとに精霊が宿ってそうな古木だったんですが。

投稿: momo | 2010年10月31日 (日) 07時28分

本当に息を呑むほど美しいもみじですね。
心の中にずっと生きていても
やっぱり
そこにもうないのは悲しいことですね(ノ_-。)

娘の小学校時代に
校門のところにあった
立派なメタセコイアの大木が
突然切られて、素敵なシンボルツリーだったのに
学校側の都合だったと思います。
古くからある学校なので
近所にOBも多くて
一時騒ぎになったのを
思い出しました。

投稿: steppingstone | 2010年10月31日 (日) 14時31分

ステキな紅葉・・・もうないのですね?
残念
人間の都合で消えていく景色、ちょっと悲しいです
クマや猿が街まで降りてきたと言うニュースを思い出しました。

投稿: ゆっきー | 2010年10月31日 (日) 16時03分

わ~本当にきれいな赤ですね♪
私も名所ではないけど、季節ごとに花を楽しむ
小さな自分のなかのお気に入りスポットが
いくつかあります。
そこで季節を感じたり、何年か前の同じ時期を思い出したり…そんな場所っていいですよね。
この木、もう見れなくなったとは…残念ですね。
でもkunchanさんが写真に残してくれて良かった☆

投稿: いろり | 2010年10月31日 (日) 19時58分

momoさん、おはようございます。

会えなくなってしまった事、本当に残念です。
でも、もしかしたらどこかの場所に植え替えられているかも・・・。
そんな一縷の望みを持ちながら、季節ごとに、
懐かしく思い出しています。

momoさんの近くの藤の木はとても立派な木だったのですね。
私も見て会ってみたかったな。


投稿: kunchan | 2010年11月 1日 (月) 10時32分

SSさん、おはようございます。

町中で人知れずのこの真っ赤さは
貴重だと思いました。
もっと大勢の人に見て欲しかったです。

メタセコイアの大木、とっても残念ですね。
学校だったら問題ないようですが、
何かキケンなことでもあったのでしょうか?
子供にとっても、大きな木があることは
いいことだと思うんですけどね。

投稿: kunchan | 2010年11月 1日 (月) 10時36分

ゆっきーさん、おはようございます。

とっても真っ赤で、ステキな木だったんですよ。
先日、横を通ったら、全く風景が変わっていて、驚きました。

街も自然も、全体が大きく変わってきているように思います。
自分たちには小さいことしかできないかもしれませんが、
身近な自然を残すよう、努力ができたらいいなと思います。

投稿: kunchan | 2010年11月 1日 (月) 10時41分

いろりさん、おはようございます。

本当に真っ赤で、私もすごく驚きました。

いろりさんもお気に入りスポットがあるんですね。
このブログにも載せている木蓮やバラなど、もみじ以外にも、
今は会えなく木や花が結構あって、本当に残念です。
今はもう無いそのおうちの前を通ると、絶対思い出しますよ~。
私も写真が残っていて良かったなと思います☆


投稿: kunchan | 2010年11月 1日 (月) 10時47分

新緑の紅葉も好きだけど、真っ赤な紅葉は「内に秘めた情熱」を見てるみたいでハッとさせられます。
 
私も毎年楽しみにしていた紅葉が無くなってしまった思い出があります。
切るのは一瞬ですが、風景を作り出すのは何年もかかることなのに・・・
色んな事情があるかもですが、少しでも残せていけたらいいですね。

投稿: こりえり | 2010年11月 1日 (月) 12時21分

こりえりさん、こんにちは。

新緑の透けるようなもみじもいいですよね。
こりえりさんの「内に秘めた情熱」は何ですか?
私、最近情熱まで行ってないかも。
このぐらい燃え上がる情熱が欲しいなぁ・・・。
(何に向かってでもいいんですよ~。人でも、物でも。)

ほんとに切るのは一瞬ですよね。
大木のケヤキが切られた時も
切り株を見てため息が出ました。
この場所で何十年、何百年と
私たちと暮らしを共にしてきたはずなのにね。
環境を整えて、植えて育てることも大事ですが、
守ることも同時に行っていきたいですよね。

投稿: kunchan | 2010年11月 1日 (月) 16時35分

私は引っ越しが多い人生を送ってきたので
かつて住んだ場所で出会った木のことをよく思い出します。
今頃紅葉が綺麗かな,花を咲かせているかな。
今毎日出会っている木々のことも,
そのうちこうやって思い出すんだろうな,と思いつつ
季節の姿を記憶に焼き付けます。
出会えたことに感謝,本当にそうですね。

投稿: じゅの | 2010年11月 2日 (火) 13時22分

じゅのさん、こんにちは。
お返事が遅くなって、ごめんなさい。

じゅのさんの撮られる写真や文章からも、
じゅのさんのそういうふうに思われている気持ちが伝わってきます。

私が1番覚えてるのは、
子供の時の祖母のうちの前にあった青りんごの木です。
1本の木が、それぞれの季節と共に、
たくさんの思い出に繋がっています。

そういうたくさんの思いの上に
今の私たちはいるのだと思います。

投稿: kunchan | 2010年11月 3日 (水) 15時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万華鏡 | トップページ | Rose Story »